フィリピンの火山噴火 道路・屋根の崩壊や施設の陥没被害が相次ぐ 噴火活動は長期化する恐れ

TootSweetCaroleによるPixabayからの画像
でじがもふ。ニュース




フィリピンの火山噴火 道路・屋根の崩壊や施設の陥没被害が相次ぐ 噴火活動は長期化する恐れ

フィリピンのタール火山噴火ですが、現在も活発な活動が続いているようです。今も小規模な噴火を繰り返しており、それに加えて火山性地震が頻発しています。この火山性地震によってタール火山周囲の町では道路が崩壊し、地面が浮き上がる場所も多数発生しているようです。更に、大量の火山灰による屋根の崩壊や施設の陥没被害なども起きており、フィリピンでは混乱が広がっています。噴火活動は長期化する恐れがあるようなので、今後も引き続き注意が必要です。




Twitterの声




関連記事

インテリア家具大手イケア 携帯用マグカップから社内基準値を超える化学物質が溶け出すことが判明 自主回収に乗り出す

ハワイで積雪の深さが1メートルを超える大雪 ゲリラ豪雨による広い範囲での冠水や洪水被害も