クリュチェフスカヤ山で海抜5500メートルの高さの噴煙が上がる

alex vanvlotenによるPixabayからの画像
でじがもふ。ニュース




クリュチェフスカヤ山で海抜5500メートルの高さの噴煙が上がる

現地時間で1月22日の早朝、カムチャツカ半島にあるクリュチェフスカヤ山が、海抜5500メートルの高さまで噴煙を噴き上げたことが分かりました。噴火は19年7月初旬に始まっており、それ以降火山活動を続けていました。フィリピンの火山噴火もあいまって、全世界的に噴火活動が活発化しているように思えます。感染症の流行も取り沙汰されているので、常に防災意識を持って行動するようにしましょう。




Twitter




商品紹介




関連記事

日銀や欧州中央銀行(ECB)などの6つの中央銀行が中銀によるデジタル通貨(CBDC)の発行を視野に入れていることが判明

汚染した大気中のナノ粒子が心筋梗塞を引き起こす可能性 自動車の排気ガスなどが発生源か