【感染拡大】東京都中央区の国立がん研究センターで女性看護師2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認される 病院は今後入院患者や医師なども含めた150人についてウイルス検査を行う予定

でじがもふ。ニュース




【感染拡大】東京都中央区の国立がん研究センターで女性看護師2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認される 病院は今後入院患者や医師なども含めた150人についてウイルス検査を行う予定

東京都中央区の国立がん研究センターで感染確認

東京中央区にある国立がん研究センター中央病院では、看護師2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたことにより、2人が勤務する病棟での入院患者の受け入れを停止したことが明らかになりました。

感染確認者の詳細

感染が確認されたのは、国立がん研究センター中央病院に勤務する20代と30代の女性看護師とのことです。

20代と30代の女性看護師の感染までの経過

感染が確認された女性看護師は、味覚や嗅覚を感じなくなったことにより診察を受けたようですが、原因が分からず病院に申し出てウイルス検査を受けた結果、27日になって新型コロナウイルスへの感染が確認されたということです。




女性看護師の現在の状態

女性看護師2人は、今のところ発熱などの症状はなく、自宅で療養している状態であるようです。

病院内感染にも注意が必要な状況に

国立がん研究センターで職員の感染が確認されたのは初めてのようで、病院は同じ病棟で働く看護師を自宅待機にするとともに入院患者や医師なども含めた150人についてウイルス検査を行うことにしているようです。

また、感染が確認された女性看護師2人が勤務していた病棟では新たな入院患者の受け入れを停止している状態であるとのことです。

岩田敏感染症部長のコメント

国立がん研究センター中央病院の岩田敏感染症部長は「職員には勤務の前に健康状態を確認させていたが、味覚や嗅覚の異常まではチェックできていなかった。今後はこれらの症状も確認してより一層の対策に努めたい」と述べています。