【石川県知事】石川県の谷本正憲知事の発言が波紋を呼ぶ展開に 外出自粛中の都民らに石川県への観光を呼びかけ⇒無症状者らによる感染拡大への懸念から専門家からも批判の声が

でじがもふ。ニュース




【石川県知事】石川県の谷本正憲知事の発言が波紋を呼ぶ展開に 外出自粛中の都民らに石川県への観光を呼びかけ⇒無症状者らによる感染拡大への懸念から専門家からも批判の声が

石川県知事の発言が波紋を呼ぶ

石川県の谷本正憲知事が、新型コロナウイルスの感染者が急増している東京や大阪など9都道府県への不要不急の出張などを自粛するよう県民に呼びかけたうえで、外出自粛している都民らに「無症状の人はお越しいただければ」と呼びかけたことについて批判が集まっています。

石川県知事は持論を展開

これに対して、石川県知事は、兼六園(金沢市)を散策すればリフレッシュできる、などと述べており、改めて持論を強調している状況になります。

専門家からは批判の声

無症状者らによる感染拡大の懸念から現時点での観光PRには専門家から批判が出ているようです。




9都道府県への不要不急の出張などの自粛が呼びかけ

県は1日にコロナ対策本部会議を開き、感染者が50人を超えた東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、京都、愛知、北海道などの9都道府県について、不要不急の出張などは控えるように呼びかけている状況になります。

イベントなどは当面中止または延期か

3月20日に実質的に再開方針を示した県主催イベントについて、屋内分は当面、中止または延期するよう方針を転換したことも分かりました。一方で、屋外分は対策を徹底した上で予定通り実施するとしています。




観光業界は大きな打撃か

谷本知事は会議後の報道陣の取材に、県の主力産業である観光業界が大きな打撃を受けていると指摘した上で、「無理やり誘客することはできないが、息抜きがしたい人が来れば兼六園は桜も満開だし、幸い密閉、密集、密接とはほど遠い状況なのでゆっくりと散策を楽しんでもらえば」と述べているようです。

予約状況は6~8割減少

大型連休に向けて県内の宿泊施設への予約状況は前年同期比で6~8割減少している状況にあるようです。また、1月下旬から3月下旬までの2カ月間のキャンセルは10万泊分以上にも上っているようです。