【サイトカインストーム】最新の研究で分かった新型コロナウイルスの特徴 免疫が暴走して肺炎が重篤化か 当初から指摘されていたサイトカインストームに現実味 全身の臓器に侵入

muenzi1958によるPixabayからの画像
でじがもふ。ニュース




最新の研究で判明したこと

ウイルスは全身の臓器に侵入して様々な症状を引き起こす

最近の研究によると・・・

症状のひとつである重い肺炎は、

自分を守るはずの免疫が過剰に働くことで起きている可能性が判明した

ウイルスは全身の臓器に侵入してさまざまな症状を引き起こす

森島恒雄客員教授(感染症内科学)が語る治療の難しさ

森島恒雄客員教授「肺炎を起こしても軽い症状で治る場合もあるが、重篤化する人もいる。病気の仕組みがよく分かっておらず、どの人が重くなるか見極められない」

急激な症状の悪化

悪化する場合は非常に急激である

人工呼吸器や人工心肺装置(ECMO)がこれほど高い比率で必要になる病気はない

新型コロナウイルスで重症化するメカニズム

量子科学技術研究開発機構理事長で免疫学が専門の平野俊夫氏による見解によると、

免疫がウイルスを打ち負かそうとするあまり過剰に働いてしまう

暴走して炎症が広がり重篤化する可能性が突き止められる

インターロイキンが過剰に分泌される

免疫の働きを高める「インターロイキン(IL)6」が過剰に分泌

免疫細胞はウイルスに感染した細胞だけでなく正常な細胞も攻撃する

死亡した患者はIL6の血中濃度が顕著に上昇していたとの報告もある

重篤化後の処置

感染初期⇒免疫力を高める

重篤化後⇒免疫を抑える治療

現在有望視されているのは・・・

中外製薬のIL6阻害薬「アクテムラ」

アクテムラとは・・・

関節リウマチなどに使う薬

平野氏の現時点における見解

平野氏「新型コロナは免疫の暴走を抑えられれば怖くない病気だと思う。治験が効果的に進むことを期待している」

全身に症状が表れる理由

全身に症状が表れる理由は・・・

ウイルスが細胞に侵入する際の足掛かりとなる受容体が全身の臓器に存在している

ウイルスの表面にはスパイク状の突起がある

この突起が細胞の受容体とぴったり合うとウイルスは侵入して増殖

その臓器に炎症などが起きて病気になる

鍵穴となる受容体はウイルスの種類によって異なる

新型コロナは「アンジオテンシン変換酵素(ACE)2」という物質

田口文広氏の見解

田口文広氏「この受容体は呼吸器や鼻腔(びくう)、口腔、腸管などいろいろな臓器の細胞に存在する」

嗅覚や味覚の異常

新型コロナウイルスで嗅覚や味覚の異常を訴える患者が多い理由は・・・

鼻や口の中の細胞が感染して破壊されることが原因だと考えられる

この受容体は血管の内皮細胞にもある

そこで炎症が起きると血栓ができて脳梗塞など重篤な合併症につながる可能性がある

免疫の暴走は以前から指摘されていた

免疫の暴走は初期から指摘されていた

今更報道される理由とは・・・?

やはりかなりやっかいなウイルスなのか?

新型コロナウイルス

感染のダイナミクス、免疫系に対する作用など、いろいろな「パラメータ」が絶妙

かなりやっかいなウイルス

徐々に明確になる治療の流れ

IL6阻害薬とステロイド薬のどちらがいいかは患者の持病にもよる

PCR検査等で早期確定診断

抗ウイルス薬で重症化防止

サイトカインストームが始まれば免疫抑制剤

この流れが明確に

心も体もバランスが大事

新型コロナウイルスはサイトカインストームで重篤化する可能性が大

他者に対しての抑圧が過ぎる今の社会と一緒

心も体もバランスが大事